美容室・美容院・ヘアサロンの「リピート集客サポーター!」田中優勝のサロン応援ブログ

美容室・美容院・ヘアサロンに訪問する日々で、成長のヒントとなるお話を気ままに綴ります。

2018年11月14日
から 田中 優勝
0件のコメント

【連載型ブログ告知】「再来率アッププロジェクト」とは!

美容サロンにおいて重要なこと!

再来率アップ!様々な角度からアプローチしていきます!!

こんにちは!「美容院・美容室・ヘアサロン」のリピート集客サポーター田中優勝です。

簡単に言うとポス(POS)レジ屋さんです。が、セミナー講師・営業マン・情報発信・経営サポート・コンサルティングなどなど、色々と活動しております。詳しくは≪プロフィール≫をどうぞ。
久々に連載型ブログ告知です。その名も・・・
はい!「再来率アッププロジェクト」です!
発起人はこの方!敏腕コンサルタントの…
藤下宏治先生です!ブログは➩コチラへ。
もう20年以上、美容業界のコンサルタントとしてご活躍されていらっしゃいます!そんな大先生の企画に便乗させていただき、この「再来率アッププロジェクト」を進めていければと思っております。
「再来率・リピート率・失客率」別に、どんな表現でもいいのですが、美容室の大多数が、地域ビジネスでありリピートビジネスのはずです。
極端な表現ですが、100人担当して・・・
「50人がもう一度来てくれるのか?」
「100人全員もう一度来てくれるのか?」
それだけで2倍の違いになるわけです。(まあ、100%ってなかなかあり得ないですけどね…)ということは、やはり1人でも多くリピートしてもらえるようにすることが、その後のサロン経営安定にもつながるし、スタイリストの売上アップにもつながるはずです。
でも『再来率・失客率』って意外にややこしいって思っている方も多いのかも?
「どんな基準で見てるの?」
「何カ月ご来店しなかったら失客?」
「新規と常連じゃ、基準が違うでしょ?」
「地域・やり方でも違ってくるでしょ?」
そんな声が聞こえてきそうです。確かにその通り!色々な見方や考え方があるから、ひとくくりに「リピート率は90%が目標だ!」って、声高らかに言ってもピンとこないかもしれません。
そんな「再来率」というメンドクサイ数字。美容業界では重要な数字でありながら、実は意外と注目度が低いのではないかと思う今日この頃。もしかしたら、本気て取り組んでいるのは業界の2割くらいかも?まさに2:8の法則!
そんなことを考えていた矢先に、冒頭の藤下先生が「再来率アップについて、実際に取り組みと結果を検証しながら、再来率アップ手法や事例を広めていきましょう!」という感じのSNS発信をされていたので、データ分析屋のポスレジ屋としては、これは「乗っからない理由がみつからない!」と、便乗したわけです。
で、そこに・・・
アイラッシュ業界の敏腕コンサルタント
林哲平さん!(➩ブログ)と・・・
集客最強(かも?)ツール「ホトペマニア」の
内田真彩さん!(➩ブログ)も合流!
というわけで4人で美容業界の「再来率アップ」について、ガッツリ情報発信していこうではないか!ということになっております。
という訳で、私のパートをご案内!

①そもそも「再来率」とは?

②既存客の「再来率」が低いと、どうなる?

③既存客の「再来率」を、アップするには?

④新規客の「再来率」の「細分化」で見えるのは?

⑤新規客の「再来率」を、アップするには?

⑥「再来率アップ」の事例共有で、

  もっと「再来率アップ」できる!

こんな感じで全6回を考えております。書いていくたびに、上のタイトルにリンク貼っていきます。
その後のコンテンツ配信やデータ検証などの詳細は、これから徐々に決めていきますが、まずはそれぞれが考えていることをこのようなブログや、動画などで無料提供していこうと考えています。それを見ていただき、そのまま実践してみるのはもちろん無料です!ご自身で結果検証までできるのであれは、それも無料でどんどんやっていただきたいです。
そんな中で、もし・・・
「あ、これは4人の情報発信者の誰かと一緒に取り組む方が、より高い成果につながるのでは?」
なんて感じた方がいらっしゃったら、いつでもお問い合わせください!それぞれの専門分野で、ご希望に合わせてビジネス提案させていただければ非常に嬉しいです!
改めて「再来率アッププロジェクト」の…
発起人のコンサルタント藤下宏治先生!
アイラッシュ業界に強い林哲平さん!
ホトペマニアの集客達人内田真彩さん!
で、私ポスレジデータ分析屋の田中優勝
以上の4名で、2019年1月頃から「情報発信・事例提供・結果検証」などなどを進めていこうと思います!ご興味ある方は、SNSでもメールでも何でもお問い合わせください!
ひとまず、私のパートは年内に6回連載で書いていきます。他の皆さまのコンテンツも随時配信予定となっておりますので、お楽しみに!
そんな、様々な美容業界の方々と一緒にサロン経営を応援したい営業マンが作成の、リピート・集客・単価アップに役立つサロン応援小冊子は以下の記事より無料ダウンロード可能です!

セミナー・イベント情報2018

9/17鳥取 10/29大阪

他「無料経営相談」など、随時企画中!

美容サロンポスレジシステム

こちらからお問い合わせの際「田中優勝さんのブログで見た」と明記いただくと各種セミナー1回無料ご招待!さらに集客&リピート訪問勉強会も?

SalonMagicPlus+ 公式サイトへ

プロフィール

Facebookリクエスト大歓迎です!

(一言メッセージください。)
【Facebook: 田中 優勝】

エクシードシステム株式会社に所属
ポスレジ・ネット予約・データ分析屋

2018年11月10日
から 田中 優勝
0件のコメント

先に「お釣り?」それとも「お支払い代金?」

「お釣りの渡し方」と、代金の「受け取り方」

実は、ちょっとしたカンタンな手順の工夫で、お客様に“安心”を与えられる!

こんにちは!「美容院・美容室・ヘアサロン」のリピート集客サポーター田中優勝です。

簡単に言うとポス(POS)レジ屋さんです。が、セミナー講師・営業マン・情報発信・経営サポート・コンサルティングなどなど、色々と活動しております。詳しくは≪プロフィール≫をどうぞ。
ふと、改めてお伝えしたくなったことです。
美容室だけに限らず、レジでの代金の受取りとお釣りの渡し方って、ちょっとしたことを意識することで、お客様の「不安」を防ぎ「安心」を与えられるはず。というお話です。
これ、たぶん約15年前に聞いた話なのですが、出張先のホテルで代金を支払っている時に思い出した、安心できる「お釣りの渡し方」と「お金の受け取り方」の手順について。
レジにて、お客様に料金を伝える。
お客様が、お支払代金を置いてくださる。
その後…
①置いていただいたお代金を確認後はそのまま置いて、先にお釣りを渡す。
②置いてあるお札が数種類ある場合は、それを改めてちゃんと広げて見せて、レジに入れる。
この手順が「不安にさせない」正しい手順!
と、どこかで教えてもらった記憶があります。(福岡に住んでいた時に聞いたはずですが、昔の話すぎて誰に教わったかさえ、記憶が曖昧でスミマセン。)
うまく伝わってますかね?
逆のパターンを書いてみますね。
レジにて、お客様に料金を伝える。
お客様が、お支払代金を置いてくださる。

その後…
①いただいたお金を確認してレジに入れる。
②その後、お釣りを渡す。
まあ、ほとんど無いことだとは思いますが。
4500円の料金に対してお客様は5000円出していたつもりなのに、1枚1000円札と10,000札を間違えて出していて、実は14,000円を置いていた。しかも重なっているからこちらも気づかない。で、お釣りを500円渡してしまう。
何とも思わずにお店を出るが、ふと買い物する時にサイフを見て「あれ?こんなにサイフにお金無かったかな?もしかして…あの買い物の時かな?いや、美容室かな?いや、コンビニかな?う〜ん。もう確かめようがない。それぞれ聞いてみようかな…でも、お金のことなんかを確認したら次から行きにくいし…あ〜モヤモヤする〜!」
なんてことになっているかも?
(お店ではレジ締めで、現金過不足の確認をしていると「あれ?誰だろう?もらい過ぎ?」みたいな会話になっていますかね?)
この、先にお釣りを渡す。そして、いただいたお金を改めて見せてからレジに入れる、という手順が正しいやり方なのかは、特にルールがあるわけではないと思います。ただ、少なくとも私にとっては「安心できる」お会計と感じました!
たまたま、宿泊したTYホテルのフロントの方がこのやり方をしていただけかもしれませんが、ちゃんと「不安を与えない」ための手順として、しっかりとわかりやすくお会計してくれると、些細なことかもしれませんが、わかるお客様は「あ、ちゃんとしてくれてる!」と安心してくださり、施術や接客以外の満足度も上がるかもしれません。
と、書いているうちに思い出しました。
約10年前の、都内の某有名サロン様への弊社ポスレジシステム納品の立ち会いサポート対応時に、フロントの方がこの手順でお釣りを渡していたのを見て「さすがですね!」って、雑談したことを。
もちろん、技術・接客・サービス・人間性などなど、様々な要素によって「また来よう!」とリピートにつながるのだとは思いますが、この「お釣りの渡し方」と「お金の受け取り方」も、お客様満足につながる重要な対応のひとつではないでしょうか?
きっと、ここ最近お会いしている方々と「再来率の向上」には「業務プロセスの見直し」が重要!というお話や、実は「個人的にやっているちょっとした工夫」を、誰でもができるように「共有する」ことで、お店全体のサービス向上につながる!というようなお話をよくしていたので、この「お釣り」と「お支払代金」についてのお話を、改めて書こうと思ったのかもしれません。情報発信のスイッチは、色々な場面にありますね。
お会計の時の手順、改めて考えてみてはいかがでしょうか?ご参考になれば幸いです。
そんな、現場が大好きな営業マンが作成した、リピート・集客・単価アップ等に役立つサロン応援小冊子は以下の記事より無料ダウンロード可能です!

セミナー・イベント情報2018

9/17鳥取(終了)10/29大阪(終了)

11/12(月)鳥取 No Limitiセミナー

(⇧のお手伝い役⇧)

他「無料経営相談」なども、各地で随時お問い合わせ受付中!

美容サロンポスレジシステム

こちらからお問い合わせの際「田中優勝さんのブログで見た」と明記いただくと各種セミナー1回無料ご招待!さらに集客&リピート訪問勉強会も?

SalonMagicPlus+ 公式サイトへ

プロフィール

Facebookリクエスト大歓迎です!

(一言メッセージください。)
【Facebook: 田中 優勝】

エクシードシステム株式会社に所属
ポスレジ・ネット予約・データ分析屋

2018年11月7日
から 田中 優勝
0件のコメント

GK:ゴールキーパー川口能活選手の現役引退について。

完全に、個人的に書きたいことですが・・・

川口能活選手、ありがとうございました!

こんにちは!「美容院・美容室・ヘアサロン」のリピート集客サポーター田中優勝です。

簡単に言うとポス(POS)レジ屋さんです。が、セミナー講師・営業マン・情報発信・経営サポート・コンサルティングなどなど、色々と活動しております。詳しくは≪プロフィール≫をどうぞ。
今日は、完全に個人的ブログです。
元サッカー日本代表GK川口能活選手へ。
サッカー競技者として、人として、レベルも、キャリアも、何もかもが、雲の上、いや神の領域!同じ空間でプレーすることさえもできないレベルの違い!
しかし、勝手に43歳で同い年でGKという部分だけを共感ポイントとして、厚かましいことこの上ないですが、あえて書いていきます。

ありがとうございました!

お疲れ様でした!

現役引退の記事を拝見しました。
写真は高校サッカー準決勝にて、鹿児島実業の選手のPKを止めた時。この時からスター性も抜群!サッカー雑誌で、常に年代別代表に選出されているのを見ながら、実際に目の前で見ると、どのくらい差があるんだろう?なんて考えていました。
その後、Jリーグ横浜マリノスでは、大きな壁として立ちはだかる、当時の日本代表GK松永成立選手を越えられず、リザーブリーグの試合で荒れる姿が何度も放送されることも、テレビで見ていました。
しかし、その後の活躍は誰もが知るところ。
1995年のJリーグで、セーブだけではなく、優勝争いの中、清水エスパルス戦での、あわやゴールかというポスト直撃の終了間際のヘディングシュート。

28年ぶりのオリンピック出場を決めた、1995年サウジアラビア戦での、神がかり的セーブの連発。

1996年のアタランタオリンピック本大会では、28本ものシュートをすべて防いだブラジル戦「マイアミの奇跡」

壮絶なアジア最終予選を経て、日本が初めて出場した1998年フランスワールドカップ。初戦アルゼンチンに0:1で惜敗ながらも、当時の世界最高と言われたFWバティストゥータを筆頭とする攻撃陣に、臆することなく立ち向かいスーパーセーブを連発。

後世に語り継がれる、2004年アジアカップヨルダン戦でのPK戦。絶体絶命のピンチで日本を救った鬼神のごときスーパーセーブ。

日韓ワールドカップを挟み、スタメンに復帰した2006年ドイツワールドカップでの、クロアチア戦で勝ち点1を獲得したPKストップ。その後の3戦目のブラジル戦でも、前半は数々のピンチを防ぐ圧倒的な存在感!

2010年の南アフリカワールドカップでは、ケガ明けのサプライズ選出で、第3GKという立場を明言されながらも、他の選手を支えるというベテランならではの精神的支柱として重要な役割を果たす。

もう数えあげたらキリがない!心に残るシーンの連続です!
私、川口選手とはまったく交わることのない、しかも高校生からサッカーを始めたアマチュアサッカー経験者です。高校生の時は地元の小さな進学校で、県大会にも勝ち残れないレベルの競技者。しかし、43歳の今でも「岡山県社会人サッカーリーグ1部」のあるチームに所属し、ギリギリの状態で選手登録を続けております。今年は、ここまで公式戦での出番はありませんが、それでも来年も選手登録を続けようと、週末に走ったり、自主トレしたり、友人と公園でボール蹴ったりしています。
実は、今も所属しているこのチームは、19歳で大学サッカー部を辞めてから所属した社会人チームで、学生時代に単身親戚を頼って1カ月のブラジルサッカー経験を挟んで戻ってきた時、2年の福岡転勤から戻ってきた時、10年の東京転勤から戻ってきた時、GKという希少な存在のおかげで、何とか出場機会を得ることができました。特に、40歳での復帰でほぼ年間通してフル出場したことは、自分でも「頑張れば何とかなる!」を体現できた経験だったのではと思っています。
そんな、営業マンアマチュアサッカーマンが、厚かましく、ダサく、しぶとく、周りに(時には、家族にも息子たちにも…)何と思われようが、選手登録にしがみついてきました。まあ、お金払えばできることなので、大したことではないんですが…
その中で、日本サッカーの一時代を築いたGKである川口能活選手の引退。
「え?まだ、どこでもやれるのでは?」
そんな気持ちで数々の関連記事を読みました。
【心に残った代表的記事】
ドーハの悲劇の時のGK。松永成立氏から。
「GKのステータス上げた。」
同じ時代を切磋琢磨した楢崎正剛選手から。
「寂しい…いつも先を。」
DFとして共に活躍した宮本恒靖氏から。
「色々お世話になりました。」
同じくDFとして中沢選手と栗原選手から。
「偉大な先輩。GKのキックのルーツ」
今なお現役の、中村俊輔選手から。
「僕も完全燃焼できれば…」
そして51歳で現役KING KAZUより。
「第二の能活作って。」
他、印象に残った記事です。
「もし、川口能活が登場しなかったら。」
GK:ゴールキーパーとは?
正直、ちょっと変わっていないとできないポジションではと、自分自身も思っています。足でボールを蹴って競うスポーツで、一人だけまったく違う役割なんですよ!トレーニングとか、本当にまったく違います!鍛える筋肉も、試合中の動き方も、試合を見る考え方も。でも、いなくてはならない。きっと、社会にも世の中にも、そういう人って必要なんだと思います。
ホントに、同い年でポジションが同じだからということで、営業マンとして働きながらアマチュアサッカーマンが、勝手にシンパシーを感じているのは、厚かましいにもほどがあると思っていますが、一応はブラジルに単身乗り込み(1カ月ですが)自分がどこまでできるのか?チャレンジした身です。で、実は帰りの飛行機の乗り換えで、サンパウロ空港(だったはず)で、元日本代表の松永成立選手とも握手しました!おそらく、PJMフューチャーズ(今のサガン鳥栖)の遠征の帰りだったのではないかと思います。これも、行動していたからこそ出会えた奇跡!行動すれば何かのチャンスがあると、常日頃からそれだけが自分の武器と思いながら生きています。
だから、あえて書きます。川口能活選手へ。

選手生活、お疲れ様でした!

いつか一緒にGK練習しよう!

タメ口かい!
美容業界にはまったく関係ないですが、こんな厚かましい発信していたら、もしかしたらそのチャンスが来るのではないかと、さらに、いつかはキングカズ選手のシュートを受けられる日も来るのではないかと、密かに期待している夢見る43歳の書きたかっただけブログでした。
そんなサッカー現役選手登録にこだわる、少々おかしい美容業界を愛する営業マンが作成した、リピート・集客・単価アップに役立つサロン応援小冊子は以下の記事より無料ダウンロード可能です!

セミナー・イベント情報2018

9/17鳥取 10/29大阪

他「無料経営相談」など、随時企画中!

美容サロンポスレジシステム

こちらからお問い合わせの際「田中優勝さんのブログで見た」と明記いただくと各種セミナー1回無料ご招待!さらに集客&リピート訪問勉強会も?

SalonMagicPlus+ 公式サイトへ

プロフィール

Facebookリクエスト大歓迎です!

(一言メッセージください。)
【Facebook: 田中 優勝】

エクシードシステム株式会社に所属
ポスレジ・ネット予約・データ分析屋

2018年11月5日
から 田中 優勝
0件のコメント

美容室でお客様がお帰りの際、伝えるべきことを正しく伝えて、リピート率アップに!

「伝えるべきこと」を伝えるには・・・

自信・わかりやすさ・ココだから!

こんにちは!「美容院・美容室・ヘアサロン」のリピート集客サポーター田中優勝です。

簡単に言うとポス(POS)レジ屋さんです。が、セミナー講師・営業マン・情報発信・経営サポート・コンサルティングなどなど、色々と活動しております。詳しくは≪プロフィール≫をどうぞ。
美容室にて、お客様がお帰りの際に「伝えるべきこと」って、色々あると思います。
*再現性の高いスタイリングのアドバイス
*再現性に必要なスタイリング剤と使い方
*ヘアスタイルの再現性が維持できる期間
*スタイル維持のための次回オススメ来店日
*健康な髪を保つための正しいヘアケア法
*そのヘアケアを怠るとどうなるのか?
*次も来ていただくべき理由
あ、もちろん施術料金も!それぞれ、自店の何が売りなのかによって、重要度は変わってくるとは思いますが、何を伝えるにしても「正しく伝える」ことができていなければ、こちら側の「言ったつもり」で終わってしまいます。
という訳で、こんなことを考えました。
ここ数日、久々に営業活動よりサポート活動にも多く関わっており、美容室の営業中に滞在している時間が多くて、改めて感じたことを書いてみます。冒頭にも書きましたが、主に3つのことが必要なのではと思います。これ、リピート率も大きく変わってくるはずです。
1.自信
2.わかりやすさ
3.ココだから!
ぞれぞれ、詳しく書いていきます。
1.自信
まずは「自信」ですね。先日、サロン営業中に立ち会いサポートをしている時、オーナーがお会計時に伝えている姿勢を見ていました。改めて感じたのは「言い切っている」ということ。特に「料金」と「次回の来店」について。「今回は、予約いただいていた〇〇とは別に、カウンセリングでお伝えした〇〇を追加しているので¥〇〇円!」と。そして、次の来店についても「いつも水曜日が多いですけど、〇月〇日頃は時間大丈夫ですか?あ、夜遅くなりそうなら、2回に分けてもいいですよ。」と、お客様のパーソナルな情報に合わせた提案!すべて、自信をもってハッキリとお伝えしていること、きっとお客様も「誠実に伝えてくれている!」ということが伝わっているのではと感じました。これが、逆にやや曖昧になったり、モゴモゴと小声になると「大丈夫かな?」なんて、お客様にも不安が伝播しちゃうかもしれません。「自信」を持ってお伝えする!シンプルですが重要ですね。
2.わかりやすさ
次に「わかりやすさ」ですね。最初の「自信」の中で「料金」について書きましたが、ここで「カウンセリングでお伝えした○○」と言っていること、これはわかりやすいし納得!他、スタイリング剤のご提案などでも、たまに「この〇〇っていうワックスですが…」と商品名で説明しているのを見ることがありますが、これはよっぽど商品名が流行っていたり有名になっていないと、イマイチ響かないのでは?まあ、当たり前のことではありますが「今日のスタイリングに使った。」「固める・ふんわりさせる・落ち着かせる」などの役割をハッキリ伝えてくださると嬉しいですね!あ、私はそういう提案で初めて美容室で買ったスタイリング剤は、ナカノの灰色のセメントみたいなワックスでした。その後、アリミノスパイスシリーズ・トリエ10番と変わっています。(美容室に買いに行けない時の予備にギャツビーがありますが…。)スタイル再現性やヘアケアについての「わかりやすさ」は、事例として書く自信が無いので省略します。
他、わかりやすさという点では、やはり「書く」ことでしっかり伝えることも大事でしょう!お客様との『交換日記』のような取り組みで、実際に高リピートを実現されているツールが、巷で噂になっていますので、もしご興味あれば以下よりご覧ください。
3.ココだから!
最後に、これリピートにも重要です!「ココだから!」これ、意外に言えていない美容師さんも多いんじゃないでしょうか?自信があって、わかりやすくても、もしそれがお客様にとって「それ、他の美容室では、同じことが安くできるみたい。」というように「ココだからこそ通う!」という『価値』より『価格』が上回ってしまう。これは、非常にもったいないです!美容師さん個人としては「私だからこそ!」で、お店としては「当店だからこそ!」が重要でしょう。「私だから!」は、やはり自分磨き・自己成長などが重要で、最近はそこにSNS発信などによる、自己ブランディングなども大きな役割になっています。やはり、お店の外にいても意識してもらえる環境づくりは大事!例えば「私が担当○○さんって、いつもこんな感じで色々とやってる人なの!で、定期的にそろそろ来店時期とか、スタイリングが難しくなってきたころに連絡くれるし。あ、この前私が行った時のスタイルもアップされてる!」なんて、他のお友達に話しているかもしれませんよ~。
他、ヘアケアなどは、特にこの「ココだから!」という視点が重要なのではと感じます。「この〇〇トリートメントがすごいんですよ!」だけではなくて「この、当店が厳選して探してきた、〇〇というトリートメント、実は扱い方もしっかり学ばないと効果も半減しちゃいます。なので、当店ではカウンセリングの上で、残留ダメージ物質をしっかり除去して、効果を最大現高められるように、最適な使い方をスタッフみんなが学んでいます!ここまで時間をかけて学ぶ美容室はなかなか無いんですよ!」とかでしょうか?こういう書き方だと、他の美容室を蹴落とすようなアピールに見えちゃうかもしれませんが、自店でしっかりと「他にはなかなかできない努力しをていること!」は、自分たちの武器として伝えるべきです!お店の雰囲気や、接客で心がけていることなど、全てが複合してお店の「独自の価値」になるはず。
「ココだから!」明確にしましょう!
以上の3つ、もう既に「そんなことは当たり前!」という方も多いかもしれませんが、もし「あ、そう言えばできていないことがあるかも?」なんて感じた方は、ぜひ1つでも2つでも変えてみてください!で、その始めた月から実際にリピート率がどのように変化したのか?を計測するには、やっぱりポスレジって便利ですよ~。改善による変化は、売上だけではなく「リピート率」にもハッキリと出てきますから!
そんな、ちょっとポスレジの利便性もアピールしたいポスレジ屋のオジサンが自主作成した、リピート・集客・単価アップ等に役立つサロン応援小冊子は以下の記事より無料ダウンロード可能です!

セミナー・イベント情報2018

9/17鳥取 10/29大阪

他「無料経営相談」など、随時企画中!

美容サロンポスレジシステム

こちらからお問い合わせの際「田中優勝さんのブログで見た」と明記いただくと各種セミナー1回無料ご招待!さらに集客&リピート訪問勉強会も?

SalonMagicPlus+ 公式サイトへ

プロフィール

Facebookリクエスト大歓迎です!

(一言メッセージください。)
【Facebook: 田中 優勝】

エクシードシステム株式会社に所属
ポスレジ・ネット予約・データ分析屋

2018年10月31日
から 田中 優勝
0件のコメント

とある「小規模サロンの生き残り策」の1つ

今回のお伝えしたいこと。

やるからには生き残りを!

そのためには・・・?

こんにちは!「美容院・美容室・ヘアサロン」のリピート集客サポーター田中優勝です。

簡単に言うとポス(POS)レジ屋さんです。が、セミナー講師・営業マン・情報発信・経営サポート・コンサルティングなどなど、色々と活動しております。詳しくは≪プロフィール≫をどうぞ。
今日のお話は、とある地方の小さな美容室にてお聞きしました。
「集客」ではなく「雇用」の観点からの生き残り策について。
オープンから約1年半が経過。こちらのオーナー様、独立前は現在の場所から車で約1時間ほどのサロンで長く勤務されていましたが、結婚してお子さんも生まれ、一家の主として一念発起!土地から購入し、住宅兼店舗として美容室をオープンされました。セット面3台はゆったりと設置しているので増設も可能そう。シャンプー台は2台。お一人での運営には充分なスペースがあります。
オープン間近の時に、飛び込み営業で弊社のサロンポスレジをご契約いただいたのですが、お一人での営業でありながら数字管理と顧客管理はしっかりしていきたいとのことで、その意識もあってか売上も順調に推移。地域のお客様も徐々に固定化しております。(ざっと既存客リピート率は90%以上はありました。)
お近くを通ったのでフラっと立ち寄り、30分後に時間が空くとのことで出直して雑談から。売上のこと、お客様のこと、周辺地域の変化のこと、色々とお話しました。
そして、私から・・・
「今後は、スタッフさんの雇用していくことも考えていらっしゃるんですか?」と。
このご質問に対するオーナーのご回答に、これからの小規模サロンの「生き残り策」のひとつになりそうなお話がありました。
「実は、最初は軌道に乗ったら増やしていきたいとは考えていたんですけどね。しかし、採用も育成もなかなか大変な時代なので、雇用というよりは面貸しや委託みたいな感じで、やりたい時に来てやりたいって人が何人かいる方がいいのかな?って考えています。」
「それは、具体的にそういう契約でやりたいって人がいるってことなんですか?」
「そうですね。友達の知り合いで、そろそろ子供も大きくなってきたから復帰したいってママ美容師さんがいて、さらに以前勤務していたところの後輩も、そろそろ復帰したいけど働けるところってあるかな?って言っていたんですよ。あ、でも以前の勤務先の後輩は、さすがにそこの社長に一言伝えないと受け入れるのは気が引けますけどね。」
以前から、ママ美容師さんの働き方に注目していた私には非常に共感でした。(とは言いつつも『正社員雇用』の拡大で組織を大きくする方が、経済への大きな貢献につながるので、悩ましい想いもあるのですが…。形はどうあれ、小さな『雇用』を増やせることも、経済への貢献のひとつであり、小規模サロンが地域貢献できることと考えると、重要なことではとも思います。)続けて…
「あ、今は休職中のママ美容師さんや、一度仕事を辞めた人とか、潜在求職者って多いと思います!しかも、私たちが子供の頃って、ママさん=オバサンのイメージでしたけど、今のママさんって身なりもキレイで、接客業とかしててもスゴく戦力になりそうですもんね。」
40代前後の方、私たちが小さい頃から放送している昭和をイメージしたアニメを思い出してみてください。サザエさんって24歳の設定で、そのお母さんの『フネさん』は50歳くらいの設定ですが、もうおばあちゃんですよね~。ちびまる子ちゃんのお母さんの『さくらすみれさん』は、40歳の設定らしいですよ。ウチのカミさんよりも年下…。逆に、今のアニメの妖怪ウォッチやプリキュアとか見てると、お母さんとかかなりキレイ目に書かれてますよね~。
今さらですが、時代は大きく変わってるんですよね。もう10年以上前から、女性は家を守る人ではなく、社会に出る人になっています。
「ウチは、家賃を払っているわけじゃないし、空いているセット面を遊ばせてしまうよりは、時間があれば少しでも働きたいって美容師さんに使ってもらえたら、収入としてもお互いに助かりますしね。そこで、しっかり売上がついてきて『やはり社員で!』となれば、その時にまたやりやすい勤務のあり方を考えればよいのではと思います。まあ、まだまだ自分自身も美容師として現場に立てるので、今後も色々と柔軟に考えていきたいですね。」
オープン時は、やはり今まで勤務していたサロンでも雇用や育成を見てきたし、自分自身もそうしてもらったという恩もある。だから、それを既定路線として1つの未来として描かれていましたが、1年半が経過した今、地域性や現状をリアルに感じながら考えられていることのように感じました。
実際、今の美容学生の人数は全盛期の約半分くらいです。その中で、新卒を採用して育てるにしても、ほとんどが大きなサロンに取られてしまうので、個人サロンにはなかなか難しいし大変。でも、美容業界には『大型店で思うように成長できなかった。』とか『事情があって、途中で辞めてしまった。』とか『美容師はやりたいけど、人間関係で…時間の融通がきかなくて…』などなど、実は『美容師はやりたいけど』って人がたくさん埋もれているのではないかと思います。
そんな人にチャンスを与えられる場として、小規模サロンで『自由もある働き方』を仕組み化できれば、お互いにWINWINになりそうな気がします。(納税をごまかしてしまいそうな人も増えてくる!とか、正社員雇用が減るので税金も減る!とかの国への問題や、組織として拡大している美容室にとっては、雇用が減るかも?みたいな問題もあるかもしれませんが、ここではあえて小規模サロン側のリアルなお話として書いてみます。)
まあ、以前からやっている美容室もあるかもしれませんが、こっそりとやっているイメージです。(現実的には、こっそりやることによる恩恵を考えているケースもあるのかもしれませんが…)でも、もっと「仕組み」や「働き方」として、しっかりアピールしていくことで、小さな雇用が増えて世の中の消費も増える。面貸しや委託だけでなはく、小規模サロンで社員の雇用がうまくいっているところも、実はこの「自由もある働き方」でスタッフの満足度が向上して、そこから評判になったり、良い噂が人づてに広がったりして、さらにはSNSなどでも広がったりして、求人・採用につながっているのではないでしょうか?
弊社のようなIT企業も、実はパートさんが非常に戦力になってくださっています。東京オフィスにもパートさんがいるのですが、社会人経験は20年ぶりくらいかも?とか言いつつ、約1年勤務していただいている今では、もう欠かせない人財です!配送業者さんとのやり取りとか見てると、さすが人生経験が豊富というか、人当たりが非常に良い!今まで社会でお仕事をされていなかったのがもったいないくらいの活躍です!
という訳で、今は実は埋もれている『優秀な休職者』を『自由もある働き方』によって活かすことが、地方の小規模サロンの生き残り策の1つなのでは?ということを感じたお話でした。
全く、ポスレジ屋っぽくない話題ですね…
そんな、何でも気になるポスレジ屋の、
リピート・集客・単価アップ等に役立つサロン応援小冊子は以下の記事より無料ダウンロード可能です!

セミナー・イベント情報2018

9/17鳥取 10/29大阪

他「無料経営相談」など、随時企画中!

美容サロンポスレジシステム

こちらからお問い合わせの際「田中優勝さんのブログで見た」と明記いただくと各種セミナー1回無料ご招待!さらに集客&リピート訪問勉強会も?

SalonMagicPlus+ 公式サイトへ

プロフィール

Facebookリクエスト大歓迎です!

(一言メッセージください。)
【Facebook: 田中 優勝】

エクシードシステム株式会社に所属
ポスレジ・ネット予約・データ分析屋