美容サロン専門ポスレジ屋で19年目❝田中優勝❞のサロン応援ブログ

美容室・美容院・ヘアサロンに訪問する日々の中で得る成長のヒントとなるお話を気ままに綴ります。

⑤「〇〇だから!」をハッキリと創ろう!‐小規模サロン繁栄7つのヒント‐

time 2019/05/15

Pocket
LINEで送る

「周りと同じような」は危険では?

これからは小規模サロンほど「個」が必要なのでは?

美容業界オンリー19年目の営業マン。

田中優勝です。が、セミナー講師・営業マン・情報発信・経営サポート・コンサルティングなどなど、色々と活動しております。詳しくは≪プロフィール≫をどうぞ。

7回連載ブログ5つ目のお話です。
~小規模サロン様にお伝えしたい!~

繁栄の継続7つのヒント!

⑤「○○だから!」をハッキリと創ろう!
⑥そして「生涯顧客」を増やそう!
⑤「〇〇だから!」=強みと言うか、コンセプトと言うか、自店の明確なウリと言うか、そんな「〇〇だから!」があることで、価格競争に巻き込まれずに地域での繁栄を続けられるのでは?と考えます。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2e99cced84912ed4a81b902251acc72b.jpg です
例えば、最近よく話題になる「髪質改善」が自店のウリの場合は、以下のような表現が必要になるはずです。(私、技術的な知識は無い立場で書いておりますので、その点をご了承ください。)
「諦めていた美髪、当店なら手に入ります!」
「30代後半からの髪質改善で、マイナス5歳を実現!」
「通うほどに髪本来の美しさを取り戻せます!」
こんな感じでしょうか?来てもらうためのフックと、リピートしてもらうための理由が明確です。そして、その「自信」と「価値」に合わせた料金設定なら、他店に合わせるとかを気にすることはなく、値引き競争にも巻き込まれにくいのではと思います。
技術的な視点で考えるとしたら、
*カラーのデザイン性に自信アリなら…
*カラーの色が長持ちに自信アリなら…
*パーマのスタイル再現性自信アリなら…
*縮毛矯正のキレイさに自信アリなら…
と言う感じで、それぞれの自店だけの強みについて「アナタのサロンだからこそ!他にはない!ココだけの価値!」という伝え方を徹底して、サロン全体で共有いくべき。さらに、ホームページやSNSや看板など、外部へのアウトプットでも徹底していくべき。で、サロンの「仕組み」になるまで浸透するべき。
技術以外の要素で考えるとしたら、
*地域との関係性に自信アリなら…
*イベント等の面白さに自信アリなら…
*店販選びのこだわりに自信アリなら…
*内装・個室等の空間に自信アリなら…
そういう部分も、価格に反映してもよいことかもしれませんね。
少し前に、独立オープン時のメニュー料金設定等の話題があったのですが、今はあまり地域の価格に合わせて決めるということが減ってきたように思います。それよりも「目指す客単価から逆算してメニューを決める。」とか「その他大勢ではなく、来てほしいお客様を絞って、そこに特化したメニューと料金にする。」など、どこにでもありそうではない、非常に戦略的に考えた料金設定が増えていると感じます。
ちょうどいい=どこにでもある!
ちょっと良さそう?=なかなか無い!
メチャクチャすごそう!=他には無い!
どれを選ぶかは、もちろん自身の決断次第です。しかし、これからは「そこにしかない『個』が『価値』になり『価格』になる。」と言う感じでしょうか?
これから、日本はどんどん若い人が減り人口が減ると言われています。大規模サロンは「価格と量」で勝負できるかもしれませんが、顧客もスタッフも減るかもしれないこれからの小規模サロンでは「価値と質」がポイントになるのではと思います。
すごくシンプルに考えるなら
「¥5,000×200人」も100万円!
「¥10,000×100人」も100万円!
どちらを選ぶのか?ということですね。
で、そこに高リピートも実現できれば最強です!高単価だと1人減るとダメージも大きいので、失客が心配になるという気持ちもわかります。しかし、データ屋として「価値」と「価格」と「仕組み」のバランスがしっかりしていると、高リピート率を保てているという事例は非常に多く見てきました。
以下、実データを元にした資料です。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は d2ec4c94b31acc94dda1c015e4959e41-1-1024x482.jpg です
252万の売上を作るには、どのくらいの客数と客単価が必要なのか?
504万の売上を作るには、どのくらいの客数と客単価が必要なのか?
で、それを実現していて、繁盛し続けるサロンはどんなリピート率なのか?
そんなことをまとめてみた図です。高単価であるほど高リピートになっています。少し加工はしていますが、本当にこれに近い数字が出ているんです。これを見れば、高単価で高リピートなら、集客する人数も少なくて済む。一般的な単価でそこそこのリピートなら、集めるお客様も多くする必要がある。
アナタのサロンの「○○だから!」という「個」を明確にして、その「価値」と「価格」と「仕組み」のバランスをとっていくこと。それが、これからの小規模サロンには重要なのではと思います。
リピート・集客・単価アップに役立つサロン応援小冊子は以下の記事より無料ダウンロード可能です!

 

美容サロンポスレジシステム

こちらからお問い合わせの際「田中優勝さんのブログで見た」と明記いただくと各種セミナー1回無料ご招待!さらに集客&リピート訪問勉強会も?

弊社製品 公式サイト

Facebookリクエスト大歓迎です!

(一言メッセージください。)
【Facebook: 田中 優勝】

エクシードシステム株式会社に所属

Pocket
LINEで送る

down

コメントする




田中優勝プロフィール

田中優勝(ゆうしょう)

田中優勝(ゆうしょう)

美容室専門の、ポスレジシステム・ネット予約・アプリ等を開発・販売するエクシードシステムの取締役。 美容業界オンリー18年・3000店舗以上のサロンを訪問して得た情報を、お役立ち情報として美容業界の皆様にお届けしております。

ブログ管理者田中優勝の著書『ゆるガチ集客』ご購入へ!

サロン応援の小冊子!「美容室の7つのチカラ」アップ術!PDFファイルが無料でダウンロードできます!

お買い物・旅行に

出張・旅行に

無料で集客「エキテン」

製品案内