美容サロン業界オンリー22年目に突入の営業マン『田中優勝』のサロン応援ブログ

Pocket
LINEで送る

「美容室色々情報局」by
田中優勝(まさかつ)です。プロフィール

現在の勝手に連載テーマ
集客サイトのみに頼らない経営9つの条件。
詳しくは【9つの条件】をクリック。

そろそろ「9つの条件」の9を書かなければ
と思いつつまとまらず脱線してばかりです。

今回の脱線は「客単価」について。

最近、美容室のFacebookページを
作成したりホームページを見ていたりして
「客単価って?」と気づいた事について。

美容師ではない私が「客単価」について?
失礼な内容になってしまわないだろうか?

書こうか迷っていたんですが、
巷で話題のサロンオーナー松島亘さんに
「それ、ラーメン屋も同じですよ!」
と同意していただいたので、勇気を出して
書いてみる事にしました!感謝です!

ラーメン

ミーティングで「提案」とか「単価アップ」
とお聞きしますが「美容師としてやるべき」
事だと思っており気にしていませんでした。

でも色々な方の話を聞いたり、情報を得たり
している中で「積み上げようする。」から、
お客様の求めていない物まで伝えてしまうの
ではないかと感じ始めました。

データ分析していても美容室の客単価を構成
しているのは上位30%のお客様です。
そのお客様グループが選んでいるメニューは
ほとんどが複合メニュープラスアルファで、
しかもほぼ毎回そのメニューを選ぶんです。

ということは・・・・・・・・・・・・

最初から「高単価」になっているメニューが
お客様の目に入りやすくなっていれば自然に
「客単価が上がる」のでは?と感じました。
(ホントに偉そうにスミマセン。)

そこで気になり始め夜な夜なチェック開始!

お取引先の美容室で比較的単価の高い美容室
郊外型・地域密着でも単価が高そうな美容室
「客単価 高い 美容室」などなど検索。。

やはり共通点ありました!

すぐ目に入るところに「高単価メニュー」
が掲載されているではありませんか!
「○○サロンオリジナルコースカラー」や
「△△がおススメする傷まないパーマ」や
全てセットで¥15,000とかのメニュー
こういうのが比較的目に入りやすい!

あと集客サイトの新規は単価が高いとよく
聞きますがこれも同じ気がしますね。
最初に「セットメニューでオトク!」な
プランがズラリと並び単品メニューは後。

そう考えたら「自社サイト」も同じこと!
「看板」「店内メニュー表」も同じこと!

「私達が本当におススメしたい最強コース」
のようなメニューが目立つ所にあれば、
お客様もそれを「選びやすいのでは?」と。

名前は何でもよいと思いますが、
「当店リピーターの80%がご利用!」
「満足度100%の○○カラーコース!」
とか決めてしまえばよいのではと。

「客単価が上がるメニュー表の書き方」
とか作れたらよいなと思いました。
今度どこかで試していただこうかな。

メニュー表

これ客単価が「上がる」メニュー表では?

さらに詳しくお聞きしたい方は、
コメント・メッセージお待ちしております。
FaceBookリクエスト大歓迎です。

くだらない動画その①
【Japanese Ketsuwari】

Pocket
LINEで送る

down

コメントする




集客コスト最適化&リピート率UPに!

田中優勝プロフィール

田中優勝(ゆうしょう)

田中優勝(ゆうしょう)

サロン専門POSシステム・ネット予約・アプリ等を開発・販売するエクシードシステムの営業マン。 美容業界オンリー21年・3,000店舗以上のサロンを訪問して得た情報を、お役立ち情報として美容業界の皆様にお届けしております。 集客・リピート・出店・教育・講習等、何でもご相談ください。 [詳細]

ブログ管理者田中優勝の著書『ゆるガチ集客』ご購入へ!

Amazon

製品案内

サロン応援の小冊子!「美容室の7つのチカラ」アップ術!PDFファイルが無料でダウンロードできます!

私のLINE公式アカウント

LINE友達追加も是非!

BEAUTY GARAGE Online Shop

お買い物・旅行に

出張・旅行に

無料で集客「エキテン」

【匿名質問箱】ご相談受付中!