美容サロン業界オンリー20年目に突入の営業マン『田中優勝』のサロン応援ブログ

客単価¥8,000前後の美容室が危険な理由②「仕組み」がなく、高単価にならない。

time 2017/12/25

Pocket
LINEで送る

 「これからの時代、客単価が¥8,000くらいの美容室が、そのままではすごく大変になってくると思うんですよね!」

と言われる3つの理由の・・・

②「仕組み」がなく、高単価にならない。

これについて詳しく書いてみます。田中優勝(まさかつ)です。誰それ?

という方プロフィールを。美容サロンの皆様のリピート集客サポーターと名乗っております。
カンタンに言うと、色々とやっている美容室・美容院・ヘアサロンのポスレジ(POSレジ)屋さんです。
「まとめブログ」と、危険な3つの理由の①に続き、②についても「よく聞くお言葉」に沿って書いてみます。
「長年の信頼で、単価は徐々に上がるものだからね~。」
と、今なお職人の経験論を語ってしまう。もちろん「職人」が、一方的に悪いと言っているわけではありません。私の父も屋根瓦職人でした。ただ、今の時代は、様々な仕事で「職・技術」を、効率よく習得してコスト削減を進めています。「育てる時間」が多いほど、コストがかかっているという認識が必要ではと思います。お一人のサロンで、自身の経験のみを武器にしていくなら、むしろ「職人」であるべきです!
余談ですが、中学生くらいの頃に父に「いつか屋根瓦の仕事、やってもええ?」と聞いたときの答えは「やるなら、効率よくして、人を雇うとか営業するとか、考えないと続かない。これから瓦が必要な家も減ってくるし、もうすぐ1枚1枚置く時代は終わるから。数少ない、経験ある職人だけが重宝されるかもな。」みたいな感じでした。多いときは、4人雇用していた父ですが、こういう考えは「職人」ではなく「経営者」だったんだなと、ふと生前を思い出しました。
「お客様に遠慮しちゃってて、なかなか提案をしないからね~。」
と、スタッフだけの責任にしてしまう。「提案しない」だけではなく「提案しやすい」環境・仕組みが必要なのではないでしょうか?さらに言うなら、むしろ「提案しなくても、高単価」という体制があればよいということ。この考え方、実は大阪のとあるサロン経営者様に教えていただき、そこから「提案する」だけが重要じゃない!と、私自身も考えられるようになりました。髪質改善ヘアエステサロン「gluck」オーナーは、河合和起さん。こちらのサロンのメニュー表、ホントにシンプル!お客様が迷わなくてよい!スタッフさんも「提案」する必要なく、もっともオススメしたいサービスを提供できる!技術客単価¥10,000以上・リピート率90%・次回予約率90%のサロン経営が、スタッフの力量だけではなく、仕組みによっても作られているんです。この客単価についての考え方のブログ、スゴく参考になります!スタッフを活かすのも、オーナーのお仕事!「追加メニュー提案」を全否定するわけではありませんが、スタッフに「なかなか提案をしないからね~。キャリアがね~。」と嘆く前に、お店の伝えたい技術・サービスを、スタッフが伝えやすい体制を作る努力も必要かもしれませんね。
過去記事:客単価アップにつながる!も参考に。
「ウチにも、高額にできるメニューはもちろんあるよ!でもね…」
と、伝わっていないことを問題視していない。これ、まだまだ結構あるんじゃないでしょうか?要は「まだまだ使えるお客様に、お店からまだまだできるサービスを知ってもらえていないから、客単価が上がらない。」ちょっと、おカネおカネっぽい話ですが…私はデータ分析屋なので、データを参考にして「客単価」が低い理由を探します。そんな時によくあるのが「上位顧客・VIP客」の単価が、他のお客様に比べてダントツに高くないケースです。上位顧客・VIP顧客とは、顧客カルテの売上上位2割くらいのお客様です。例えば、1年間で1000枚のカルテが動いていたなら、その中の年間売上貢献度が高いお客様200位までです。ここにいるお客様が「平均客単価よりも非常に高い」と、お店全体の客単価も高い傾向にあります。年間20万くらい使ってくださるお客様って、年間25万使ってもきっとサイフは辛くないはずです。でも、その5万をいただけるメニューが無いわけではなく「伝わっていない!」ホントにもったいないです!例えば、いつも「カットカラートリートメント」する方に、「カットカラースペシャルトリートメント!」がわかりやすく店内にあれば、気にしていただけるかもしれません。そして、その高いだけの価値を伝える工夫をするかもしれません。「いや、あるにはあるんだけどね。もっといいケアメニューが…」ではなく、「常連の皆様に大好評!リピート率90%!持続性が一味違います!」とかですかね?伝え方はいろいろありますが、お客様に届かなければ意味がない!「オモシロイ」伝え方も、お客様に届きやすいですね。
過去記事:オモシロイ伝え方事例も参考に。
まとめると、経験だけに頼らず、提案だけに頼らず、言葉だけに頼らず、高単価なサービスがあることを、お店として伝えやすくして、お客様に届きやすくする。という感じでしょうか?それが無ければ、あなたのサロンを愛してくださるお客様と、スタッフと共に繁栄を継続することが難しくなるかもしれません。
。。
客単価¥8,000前後の美容室が、これから危険な理由
②「仕組み」がなく、高単価にならない。
でした。最後の…
まで、年末までに、書き終えられそうです。
美容室・美容院・ヘアサロンのポス(POS)レジ・ネット予約・アプリなら、全国4000店舗の導入実績のある、サロンマジックプラス(SalonMagicPlus+)を!

美容サロンポスレジシステム

こちらからお問い合わせの際「田中優勝さんのブログで見た」と明記いただくと各種セミナー1回無料ご招待!さらに集客&リピート訪問勉強会も?

SalonMagicPlus+ 公式サイトへ

プロフィール

Facebookリクエスト大歓迎です!

(一言メッセージください。)
【Facebook: 田中 優勝】

エクシードシステム株式会社に所属
ポスレジ・ネット予約・データ分析屋

詳しいプロフィールはこちら

Pocket
LINEで送る

down

コメントする




田中優勝プロフィール

田中優勝(ゆうしょう)

田中優勝(ゆうしょう)

美容室専門の、ポスレジシステム・ネット予約・アプリ等を開発・販売するエクシードシステムの取締役。 美容業界オンリー19年・3000店舗以上のサロンを訪問して得た情報を、お役立ち情報として美容業界の皆様にお届けしております。 集客・リピート・出店・教育・講習等、何でもご相談ください。 [詳細]

ブログ管理者田中優勝の著書『ゆるガチ集客』ご購入へ!

Amazon

製品案内

サロン応援の小冊子!「美容室の7つのチカラ」アップ術!PDFファイルが無料でダウンロードできます!

BEAUTY GARAGE Online Shop

お買い物・旅行に

出張・旅行に

無料で集客「エキテン」

【匿名質問箱】ご相談受付中!